はちみつ×健康維持×風邪予防

ハチミツは栄養価が高いと言われていますが実際には約190種類の栄養成分が含まれています。
体のなかにハチミツを取り入れるとフラボノイドという、ハチミツに含まれる成分が体内に入った細菌やウイルスを撃退する効果が期待できると言われています。

また、ハチミツは砂糖に比べ甘さは3倍ですがカロリーは25%低いのです。
砂糖とハチミツを摂取した時の実験では、悪玉コレステロールの数値も砂糖よりマイナス5.8%となり、ハチミツは動脈硬化の予防に期待できると言えます。

最強の組合せとして有名なハチミツにコーヒー。血管を老けさせないパワーがアップしフラボノイドがウイルスの遺伝子を破壊してくれるそうです。
ビタミンCなど熱に弱い栄養素がある中、ハチミツのフラボノイドは熱に強いので熱しても冷やしても大丈夫です。

ハチミツは1日30g(大さじ1杯)程度とるとよいです。